menu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スチールラック活用

電子レンジの置き場所は?キッチンのレンジ台をメタル製ラックで作ろう

電子レンジは、必要不可欠なキッチン家電。使用頻度が多いため、自分の使いやすい場所に置きたいところです。ただ、キッチンが狭いと置き場所に困ってしまうこともありますよね。
ひとり暮らしの場合など、冷蔵庫を電子レンジ置き場として使う方も多いでしょう。冷蔵庫の中でも、天板の耐熱温度が高く設定された製品は、電子レンジを置くことができます。しかし、冷蔵庫のサイズが大きい場合は、上に電子レンジを置くのは難しいでしょう。
そんな時は、レンジ台としてメタル製ラックを使用してみてはいかがでしょうか。

電子レンジの置き場所を決めるときの注意点

電子レンジの置き場所を決めるときには、まず安全に使用するために最低限守りたい注意点を確認しましょう。
電子レンジの設置は、機種によって規定が異なります。例えば、ある機種は「後ろと左右は壁にぴったりでもOKだが、上方は10センチ以上空ける」とあり、またある機種は「左右のどちらかの面は開放し、上方は10センチ以上空ける」必要があります。まずはお手持ちの電子レンジの説明書を確認して、設置の注意点をチェックしましょう。

基本的には、以下のような注意点を守って設置します。

水平で丈夫な場所に置く

電子レンジの落下や転倒があると、ケガの原因になるのはもちろん、電波漏れや感電等が起こる恐れもあります。思わぬ事故に発展することも考えられるため、必ず水平で安全な場所に置きましょう。電子レンジを不安定な場所に置くのは、騒音や振動の元にもなります。

熱に弱い壁や家具から離す

電子レンジには製品や機種ごとに定められた設置寸法があります。設置寸法を守らないと、レンジや壁の発火、損傷などの恐れがあります。設置面の壁や家具が、熱に弱い材質の場合は特に、規定以上に遠ざけておくと安心です。

テレビや無線LANのルーターなど、電波を出すものから3メートル以上離す

電子レンジと他の無線機器を3メートル離して設置する理由は、お互いに電波干渉を起こして、速度が低下する等の問題を防ぐためです。
電子レンジと同じ周波数のものに、無線LANルーターや、ワイヤレスAV機器などがあります。それらの機器とは距離を置いて設置しましょう。

排気口、吸気口をふさがない

排気口や吸気口をふさいでしまうと、電子レンジが過熱し、故障や発火する恐れがあります。また、壁が汚れたり、排気口側にガラスがある場合は割れたりすることもあります。排気熱で割れるだけでなく、温度差で割れることもありますので、ガラスからは必ず離して置きましょう。

アース線を取り付ける

故障や漏電の際に感電するのを防ぐために、アース線を取り付けます。ひとつの端子に複数のアース線を繋ぐことができるため、冷蔵庫との併用にも問題ありません。

中のものを取り出しやすい高さに置く

取出しの際に皿を落としたり、熱いものをこぼしたりしては危険です。あまり高い場所に置くのはおすすめできません。逆に低すぎる位置に電子レンジを置いてしまうと、使用する度にかがまなくてはいけなくなり不便です。電子レンジの置き場所は、出し入れしやすい高さが良いでしょう。

電子レンジの置き場所はどこがベスト?

電子レンジは機種に合った離隔距離と、上記注意点を守った場所に備え付けましょう。それに加え、調理スペースに近い場所に設置すると、効率的に作業ができます。設置の注意点を守った上で、家事の動線を考えて置くのがベスト。キッチンカウンターや食器棚があれば、その辺りに設置すると合理的です。

ただ、狭いキッチンで、他の家電もあるとなると、置き場所に困るのも頷けます。そこで、電子レンジの置き場所として合理的なのが、縦の空間を生かせるメタル製ラック(スチールラック)です。

キッチンのレンジ台にメタル製ラックがおすすめな理由

ここでは、メタル製ラックをレンジ台におすすめしたい理由をご紹介します。

耐荷重が十分で安心

メタル製ラックは、棚板1枚当たりの耐荷重が安定しています。電子レンジの重さは機種により違いますが、シンプルな機能のもので大体15キロ前後、高機能で重たいものだと30キロ以上になることもあります。
中には棚板1枚当たりの耐荷重が90キロのものもあり、安心して電子レンジを置くことができます。

棚板がワイヤー仕様のため放熱しやすい

電子レンジの周囲に熱がこもると、故障や、周囲の変色、変形などの原因になり得ます。それを防ぐために設置寸法が定められているのですが、ワイヤー状の棚板とポールでできたスチールラックは放熱しやすい形状なのでさらに安心です。ぐらつきが心配なら、電子レンジを置く棚板だけウッドシェルフにするなど、パーツを取り換えて使用することも可能です。

キッチン家電や調理器具をひとまとめにできる

狭いキッチンでラックを使用する最大のメリットは、縦の空間を利用した収納が可能な点です。キッチンには、電子レンジだけでなく、炊飯器やオーブントースターなど、置きたい家電がたくさんあります。
ほかにもヤカンやボウルなど、キッチンには大きな調理器具もたくさん。それらをメタル製ラックにひとまとめに収納すれば省スペースになり、また動線がスムーズで使いやすさもUPします。

メタル製ラックのレンジ台をさらに安全に使いやすく!

メタル製ラック(スチールラック)はパーツを自由に追加できることも魅力のひとつ。ここでは、レンジ台がさらに安全に、より使いやすくなるオプションパーツをご紹介します。

メタル製ラックの揺れ対策

電子レンジには製品や機種ごとに定められた設置寸法があります。設置寸法を守らないと、レンジや壁の発火、損傷などの恐れがあります。設置面の壁や家具が、熱に弱い材質の場合は特に、規定以上に遠ざけておくと安心です。

・突っ張りポール

天井とラックの間に、後付けで突っ張りポールを取り付けられます。そうすることでテンションがかかり、壁や天井に傷をつけることなく、転倒防止策をとることができます。特に背の高いラックには必要な対策です。突っ張りポール込みのラックも販売されています。

・サイドバー

ラックをキッチンで使用する時に、下部の棚板を取り外して、空いたスペースにゴミ箱等を置くことがあります。そのような使い方をする時には、足元に補強用のワイヤーバーや、コの字バーを取り付けるのがおすすめです。それらは、ポールとポールを強固に繋げることで、棚板が抜けたラック下部の補強になり、揺れに強くさせてくれます。

他には、ラックのサイドに食器棚や冷蔵庫、壁などがくるように設置すると、横揺れの際に安定しやすくなります。ただし、電子レンジの排気口をふさがない、壁やガラスから離すなどの設置寸法には気を付けましょう。

電子レンジの落下防止対策

ラックに電子レンジを置く際は、落下や転倒の危険を事前に避ける工夫が大切です。棚板が水平に取り付けられていることを確認し、ウッドシェルフや棚板シートなどで電子レンジの安定を保ちます。その上で、サイドにサポート棚などを取り付ければ、更に落下防止対策を強化することができます。電子レンジ以外の、細々としたものの落下対策にも便利です。
また、ラックの上部、高すぎる場所に電子レンジを置くことは避けましょう。

使いやすさをアップ!

その上で、さらに使いやすくする方法として、キャスター付きにしたり、一部の棚をスライドシェルフに付け替えたりすることもできます。キャスターを取り付ける場合は、必ずロックがかかるものを選び、普段は動かないようにしておきましょう。
スライドシェルフを取り付ければ、炊飯器などの蒸気が出る家電がグッと使いやすくなります。

おわりに

丈夫で清潔感のあるメタル製ラックなら、レンジ台などキッチンでの使用にもぴったりです。サイズもさまざまなので、自宅のキッチンに合うものを見つけやすいでしょう。
キッチンが狭くて電子レンジの置き場所をどこにしようかとお悩みの方は、ぜひスチールラックをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

  1. レンジ台や炊飯器収納に!キッチン家電収納にスチールラックを使うメリット
  2. オフィスのキッチン、給湯室をオープンラック収納でスッキリさせよう
  3. 洋服以外もキレイに収納!リビングクローゼットのスッキリ収納アイデア
  4. オープンラックのキッチン収納でもスッキリ見せる!目隠し&整頓のコツ
  5. モダンなダイニングインテリアに、黒のスチールラックがおすすめな理由

関連記事

  1. スチールラック活用

    狭い!靴箱がない!一人暮らし向け・玄関収納のアイデア

    一人暮らし向けのアパートやマンションの玄関は狭いことが多く、靴…

  2. スチールラック活用

    スチールラックで部屋をおしゃれに!おしゃれアレンジ&収納アイデア

    収納に悩んだら、シンプルな見ためのスチールラックがおすすめ…

  3. スチールラック活用

    ごちゃごちゃしがちなパソコン&周辺機器をすっきり整理収納する方法

    今やパソコンは家電と言っても良いほど、一般家庭にも身近な存在で…

  4. スチールラック活用

    リビングを広く見せるには?スッキリ収納アイデア&オープンラック活用法

    家族みんなが集まるリビングは、ものが一番集まりやすい場所で…

  5. スチールラック活用

    自宅をオフィスに!仕事部屋を快適にするスチールラック活用術

    フリーランスの方はもちろん、最近では在宅勤務というスタイルを取…

  6. スチールラック活用

    キッチンのデッドスペースを有効活用する整理整頓・収納術

    キッチンは食品や調理器具、食器などさまざまなものがあるため…

最近の記事

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 整理収納術

    冬の洗濯物が乾かない!部屋干しを効率よくする方法は?
  2. インテリアコーディネート

    北欧風のおしゃれなお部屋にするコツは?おすすめの収納棚もご紹介
  3. インテリアコーディネート

    ナチュラルインテリアは収納がポイント!木製シェルフを活用しよう
  4. スチールラック活用

    屋外OKのスチールラック4選!ベランダ・庭に置く収納棚の選び方
  5. スチールラック活用

    ラックで収納スペースを再設計しよう!限られたスペースを有効活用するコツ
PAGE TOP