スチールラックは自宅でもオフィスでも大活躍!プロがおすすめのラック収納術

menu

スチールラック活用

猫がよろこぶ!スチールラックでキャットタワーを手作りしよう

一般的に猫は、散歩やトイレなどのしつけも特に必要なく、自立心が強く留守番もできるため、1人暮らしの方や高齢者の方でも飼いやすいといえます。

そんな猫を飼っている方におすすめなのが、スチールラックで作るキャットタワーです。スチールラックでタワーを手作りすれば、限られたスペースにも置きやすく、飼い主にとっても猫にとってもメリットばかり!
そこで今回は、高い所が大好きな猫がよろこぶ、スチールラックでキャットタワーを手作りするメリットやコツをご紹介します。

猫にキャットタワーが必要な理由

フック付きフレームなら、ワイヤーネットに掛けて飾ることもできます猫は元々木登りが得意な動物です。猫種にもよりますが、高い場所を見つけるとどんどん上に登っていってしまうことも。
猫にとって高い所は単に「好き」というだけでなく、とても大切なスペースでもあるため、室内飼いの猫にもキャットタワーなどで高く登っていける場所を作ってあげなくてはなりません。
これは、野生の山猫として生きていた時代の「本能」によるものといわれています。高い場所にいることで周りの状況がよく見えるため、外敵や害虫から身を守れるほか、上から地面を見下ろすことで獲物を見つけやすいということが理由のようです。
家の中で飼われている猫には実際危険な外敵などはいませんが、高い所にいると、本能的にその場所を「安全」と判断し、リラックスできるんですね。

運動不足解消・健康維持のためにも必要!

猫にとって高い場所へ登ったり下りたりの上下運動は、筋肉や骨の健康を保つためにもとても重要です。人間と同様、猫も成猫期に筋肉や骨を鍛えておくと、高齢期の病気やケガの予防にもつながります。
室内飼いの猫は外で暮らす猫よりも運動不足になりがちなため、健康のためにも室内にキャットタワーを置いて、猫が登れる高い場所を確保してあげることが大切です。

スチールラックでキャットタワーを手作りするメリットとは?

キャットタワーにはさまざまな種類がありますが、大きめのものが多くスペースが狭い部屋だと窮屈感が出てしまいます。
そこでおすすめなのが、スペースに合うサイズがあり、自由自在にカスタマイズ可能な「スチールラック」を利用したキャットタワーです。

頑丈で壊れにくく、抜群の安定感

スチールラックは頑丈なメタル素材でできており、強度が高いのが特徴です。
平均的な木製ラックは棚板1枚あたりの耐荷重が20~30kgですが、スチールラックはなんと250kgと驚異的なタフさ!とても丈夫で安定感があるため、猫が歩いたり飛び乗ったりしても倒れる心配はありません。

シンプルなデザインで、どんな部屋にも馴染む

スチールラックはシンプルなデザインのため、リビングやベッドルームなど、どんな部屋に置いても違和感なく馴染みます。
また、スチールラックはスタンダードなメタルカラーのほかにも、ホワイトやブラック、赤や青などのカラーラックもあり、部屋の雰囲気に合わせてカラーを選べるのもうれしいポイントです。

サイズが豊富で収納としても活用できる

スチールラックはさまざまな幅や高さ、奥行きのものがあります。棚板の幅や枚数も自由にカスタマイズできるため、キャットタワーを置くスペースにピッタリのサイズを選ぶことができます。
また、スチールラックでキャットタワーを手作りする場合、猫が歩いたり休んだりするエリア以外の場所に収納ボックスなどを置いて、収納としても活用できるため、まさに一石二鳥といえますね。

スチールラックでキャットタワーを手作りするコツ

フック付きフレームなら、ワイヤーネットに掛けて飾ることもできますスチールラックでキャットタワーを手作りする際のコツとして、もっとも重要なポイントが「段差を作る」という点です。
1番のおすすめは、高さが異なるラックを3つほど階段状になるよう横に並べるスタイルです。いずれもラックの1番上に棚板を置いて猫の足場をしっかりと確保し、安全のために猫が登る棚部分にはものを一切置かない、ということも大切なポイントです。
ラックを1種類しか置けない場合は、幅が狭くてもなるべく背の高いラックを選びましょう。
1番上の棚板に猫がスムーズに登っていけるように机やタンス、イスなどを利用してステップを作り、動線を確保してあげると良いですね。

また、スチールラックは棚板を付けたりはずしたり、高さを自由に決めたりできるのも魅力。
ラックの1番下に棚板をセットせず、その空きスペースに猫用トイレを置いたり、フードや水を置いたりすると、部屋のスペースを有効活用することができます。
さらに、猫用のおもちゃやフードのストック、猫砂などを収納ボックスに入れておくことで、家の中の猫用グッズをまとめて整理できるため、できるだけ部屋をスッキリさせたいという方にもおすすめです。

おわりに

今回は、スチールラックでキャットタワーを手作りするコツについてご紹介しました。猫にとって高い場所に登ることは、安心感を得たりリラックスしたりするための手段であるほか、運動不足解消のためにもとても重要なこと。家族である愛猫にいつまでも健康で元気に過ごしてもらうためにも、キャットタワーを置いて猫が大好きな場所を部屋の中に作ってあげましょう。スチールラックを利用すれば、猫にも飼い主にもうれしいメリットがたくさんあります。収納アイテムとも組み合わせて、ぜひキャットタワーを手作りしてみてくださいね!

ピックアップ記事

  1. 本が多くてもOK!ラックを活用した本の収納アイデア
  2. インテリアのアクセントに!カラーラックの上手な活用方法とは
  3. オフィスのキッチン、給湯室をオープンラック収納でスッキリさせよう
  4. 冬の洗濯物が乾かない!部屋干しを効率よくする方法は?
  5. スチールラックでも実現できる?憧れの北欧インテリアコーディネート

関連記事

  1. スチールラック活用

    本が多くてもOK!ラックを活用した本の収納アイデア

    本が好きな方の中には、できれば購入した本を捨てたくないけれ…

  2. スチールラック活用

    服や家電、本など…押入れの空間を有効活用する押入れ整理・収納術

    押入れは収納の要となるスペースであり、この空間を十分に活用でき…

  3. スチールラック活用

    本をおしゃれに&すっきり片付けよう!本の整理・収納アイデア

    日頃から悩まされることが多い、本や雑誌などの収納方法。…

  4. スチールラック活用

    キッチンのデッドスペースを有効活用する整理整頓・収納術

    キッチンは食品や調理器具、食器などさまざまなものがあるため…

  5. スチールラック活用

    ベビー用品の収納アイデアをご紹介!棚・かごを上手に使おう

    赤ちゃんが生まれたら、おむつやおしりふき、ミルク、ガーゼ、…

最近の記事

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. インテリアコーディネート

    散らかりがちな子どものおもちゃをすっきり整理・収納するアイデア
  2. インテリアコーディネート

    ナチュラルインテリアは収納がポイント!木製シェルフを活用しよう
  3. インテリアコーディネート

    収納力&使いやすさUP!クローゼットシステム化のメリットと衣類収納術
  4. スチールラック活用

    インテリアのアクセントに!カラーラックの上手な活用方法とは
  5. インテリアコーディネート

    玄関インテリアをおしゃれに!ラックを活用したおすすめ収納方法
PAGE TOP