menu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

整理収納術

湿気対策はできてる?梅雨シーズンでもカビに負けない収納方法

湿気の多い梅雨シーズンは、ジメジメとして不快ですよね。そんな時期の大敵ともいえるのが「カビ」。水回りはもちろん、押入れやクローゼットなどの収納場所も湿気がこもりやすく、カビが発生しやすい場所です。湿気対策をしておかないと大切な衣類にカビが生えてしまうことも……。そんな状態を避けるためにも、本格的な梅雨がやってくる前に、湿気対策をしっかりと行いましょう!
今回は、梅雨シーズンをカビに負けずに乗りきる、おすすめの収納方法についてご紹介します。

湿気対策はなぜ大切?

梅雨シーズンは空気中の水分量が増えるため、外だけでなく家の中も湿気が多くなってしまうもの。家の中の湿度が高くなると、バスルームやキッチンなどの水回りをはじめ、収納やクローゼットの中にも湿気がたまります。カビが発生しやすい状態になるほか、イヤな臭いの原因にもつながってしまうのです。

さらに、高い気温・湿度によってダニなどの害虫も発生しやすくなります。
ダニはぜんそくや鼻炎などのアレルギー症状や、皮膚のかゆみ・炎症の原因にもなります。健康被害に遭わないようにするためにも、湿気対策はとても重要なのです。

梅雨シーズンにおすすめの収納方法【カビ防止】

梅雨シーズンの収納で最も重要なポイントは「通気性をよくする」ということです。

詰め込み過ぎない収納を意識する

詰め込み過ぎない収納を意識する押入れやクローゼットの中に衣類をぎゅうぎゅうに詰め込んで収納していると、湿気がこもりやすく通気性も悪くなります。
梅雨シーズンは特に、カビやダニが発生しやすい状態となってしまいます。

それらの発生を防ぐためには、1つの引出しやケースに衣類を詰め込み過ぎず、衣類同士の間に余裕を持たせながら収納することが大切です。

衣類は乾燥させてから収納する

アウターや上着など洗濯せずにしまう衣類は、脱いだあとは必ず乾燥させてから収納しましょう。衣類を脱いだ直後は、意外と衣類に熱や湿気が残っているものです。そのまましまうと、押入れやクローゼットの中の湿度を高めてしまうため注意しましょう。

オフシーズンの衣類等は高い位置に収納する

湿気は水を多く含んでいるため、下の方にたまりがちです。そのため、オフシーズンや着る頻度が少ない衣類などは、なるべく高い位置に収納することをおすすめします。

扉は開けたままにする

押入れやクローゼットに湿気をこもらせないようにするには、定期的に風を通すことが重要です。梅雨シーズンはできるだけ収納場所の扉は開けたままにしておき、常に風が通るようにしておきましょう。
また、衣装ケースの下にすのこや除湿マットなどを敷いたり、除湿剤や乾燥剤を活用したりするのも湿気対策としておすすめです。

通気性の良い収納にはスチールラックがおすすめ!

通気性の良い収納方法としておすすめなのが、スチールラックによる収納です。
スチールラックは棚板が格子状のため、風通しがとてもよく、ホコリもたまりにくいので衛生的に使えます。
ここでは、スチールラックのおすすめポイントや収納方法などをご紹介します。

押入れやクローゼットの中の空間を仕切ることができる

押入れやクローゼットは仕切りが少ないため、直置き収納となってしまいがち。
スチールラックを中に配置すれば、湿気がこもりやすい直置き収納を避けられます。また、空間を細かく仕切れるため、衣類を季節ごとなどに分けて、通気性を保ったまま収納が可能です。

キャスター付きラックなら奥のものも取り出しやすい

詰め込み過ぎない収納を意識する押入れやクローゼットの下段は特に湿気がこもりやすい場所。奥にしまったものも取り出しにくいため、ホコリがたまりやすく通気性も常に悪い状態です。

下段にキャスター付きのスチールラックを置けば、奥にしまったものも簡単に取り出しやすくなります。また、掃除もしやすいため、清潔な状態をキープできます。

ハンガーラックなら湿気・シワ対策にも

ハンガーポール付きのスチールラックなら、シャツやスカートのほか、丈の長いワンピースなどをハンガーにかけて収納できます。湿気対策にもなりますし、衣類のシワ対策もできます。

また、脱いだばかりの衣類を乾かす際にも活用できるため、1つあるととても便利ですよ!

おわりに

今回は、梅雨シーズンにおすすめの収納方法についてご紹介しました。
湿度が高い梅雨シーズンは、湿気対策がとても重要です。特に、衣類がぎっしりと詰め込まれている押入れやクローゼットは湿気がこもりやすく、カビやイヤな臭いが発生しやすい状態。気づいたらお気に入りの洋服にカビが……!なんてことになる前に、収納方法を見直して湿気の多いシーズンを乗りきりましょう!

ピックアップ記事

  1. オフィスでも地震対策を!オフィス家具の転倒や落下を防止するポイント
  2. 服が取り出しやすくなる、収納ボックス・衣装ケースの収納方法は?
  3. 飲食店の業務用ラック、食器棚の選び方は?機能面と衛生面を重視しよう
  4. 片付けが苦手・方法がわからない方にスチールラック収納がおすすめの理由
  5. 和室をスッキリ使うには?押入れ収納をラックで有効活用しよう

関連記事

  1. インテリアコーディネート

    気分はアパレルショップ♪おしゃれな洋服収納&ディスプレイアイデア

    シーズンを重ねるごとに増えていく洋服。なかなか捨てられず、収納…

  2. スチールラック活用

    台所(キッチン)の時短収納!引き出し・ラックの活用アイデア

    毎日立つ台所(キッチン)の収納は、使いやすさがもっとも重要…

  3. スチールラック活用

    車庫・ガレージの整理整頓・収納にメタル製ラックがオススメな3つの理由

    メタリックで頑丈、そして抜群の収納力を持つメタル製ラックは、整…

  4. スチールラック活用

    ごちゃごちゃしがちなパソコン&周辺機器をすっきり整理収納する方法

    今やパソコンは家電と言っても良いほど、一般家庭にも身近な存在で…

  5. 整理収納術

    奥行きがある廊下収納、何を入れる?廊下収納の活用アイデア

    廊下収納は奥行きが深い場合が多い収納スペースです。ものを奥…

  6. 整理収納術

    倉庫整理で作業効率アップ!インテリアショップの商品在庫整理・収納術

    インテリアショップは、お客様の多様なニーズに対応するために、種…

最近の記事

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. スチールラック活用

    本が多くてもOK!ラックを活用した本の収納アイデア
  2. スチールラック活用

    オープンラックのキッチン収納でもスッキリ見せる!目隠し&整頓のコツ
  3. 業務利用でのラック活用

    飲食店の業務用ラック、食器棚の選び方は?機能面と衛生面を重視しよう
  4. インテリアコーディネート

    カラフルポップなインテリアで、子供部屋をかわいくコーディネートしよう
  5. スチールラック活用

    リビングダイニングにパーテーションを!収納棚を間仕切りに活用しよう
PAGE TOP