自宅でもオフィスでも大活躍!プロがおすすめのラック収納術 コラム

menu

インテリアコーディネート

ワンルームを広く見せる!ロースタイルインテリアコーディネートのポイント

一般的に、部屋は低めの家具を配置することで広く感じられるようになります。ワンルームの部屋で「狭い」と感じている方も、インテリアをロースタイルに変えるだけで改善されるかもしれません。

そこで今回は、ロースタイルインテリアのメリットとその注意点をご紹介します。インテリアコーディネートを工夫し、快適な生活空間を手に入れましょう。

ロースタイルインテリアをおすすめする理由

ロースタイルインテリアをおすすめする理由ロースタイルインテリアのメリットは、大きく分けて3つあります。
1つ目は、冒頭にも説明した通り部屋が広く見えることです。あまり高さのない家具でそろえると圧迫感がなくなり、すっきりした印象になります。家具と天井との距離も遠くなり、相対的に天井が高くなったように感じられることも部屋が広く見える一因でしょう。

2つ目は安全性が高まること。低い家具にすれば、当然小物を設置する場所も低い位置になります。小物の落下や落下による怪我のリスクを減らすことにつながるでしょう。

3つ目は、安定感が増すことです。高さのあるベッドや椅子の場合、サイズによっては足が宙に浮いてしまう場合がありますが、低めのものにしておけば確実に床に足をつかせることができます。安定感は安心感にもつながるため、心を落ち着かせたい方にもロースタイルインテリアはおすすめです。

ロースタイルインテリアの家具選び・配置のポイント

ロースタイルインテリアの家具選び・配置のポイント【1】低い家具で統一するロースタイルインテリアコーディネートのポイントは、その名の通り低い家具(ロースタイル家具)で統一することです。テレビ台やラック、テーブルにソファ、ベッドなど、できる限り低い家具をそろえましょう。自分が床に座った際に使いやすい高さの家具や、画像のテレビ台やラックのように、座ったときの目線に合う高さの家具を選ぶのがおすすめです。

なお、キッチンスペースのように立って作業する場所の場合、低めの家具だと不便です。作業しやすい高さを考えつつ、ロースタイルにも合うように腰の高さ程度のキッチンワゴンや食器収納棚などを選びましょう。

【2】多機能な家具を選ぶと便利ロースタイルインテリアの実現を目指す場合、ネックになるのが収納力です。
あまり大きな家具を置けないため、どうしても避けては通れない問題といえます。
そのため、ロースタイルベッドはベッド下に引き出しがついているもの、テーブルは折りたためるもの、ソファやスツールを置く場合は座面が収納になっているものなど、多機能な家具を選ぶと大変便利です。

【3】動線・視線を遮らないように家具を配置家具の配置の際は、壁や床が多く見えている方が部屋を広く見せることができる、ということを意識しましょう。家具はできるだけ壁際に配置し、動線や視線を遮らないよう気を付けてください。

ワンルームを広く見せる色選びのポイント

ワンルームを広く見せるためには、色選びも大切です。
一般的に明るい色・淡い色は広がって見える(膨張色、進出色)ため、天井や壁、カーテンなど、部屋の大部分にあたる箇所は明るい色や淡い色にすることをおすすめします。その上で、ラグや家具の一部、雑貨など、床に近い部分には暗い色・濃い色を配置しましょう。部屋全体の印象を引き締め、奥行きを感じさせてくれます。

おわりに

ワンルームを広く見せるロースタイルインテリアは、家具の高さや機能性を考えた家具選び、動線や視線を遮らない配置、適切な色選びがポイントです。今ある家具を生かしたい場合は、配置の仕方や色遣いを工夫してロースタイルインテリアに近づけましょう。
今回ご紹介したポイントを押さえて、ワンルームが広く見えるようなインテリアコーディネートを実現してください。

ピックアップ記事

  1. 和室をスッキリ使うには?押入れ収納をラックで有効活用しよう
  2. 収納上手になれる!ラックを活用して片付けリバウンドを防止する方法
  3. 収納ボックスはフタ付き?素材は?収納ボックス・衣装ケースの選び方
  4. ラックで収納スペースを再設計しよう!限られたスペースを有効活用するコツ
  5. 本が多くてもOK!ラックを活用した本の収納アイデア

関連記事

  1. インテリアコーディネート

    メタル製ラックでもできる!部屋のカフェ風インテリアコーディネート術

    もし、身近な物で手間や費用を抑えて、憧れのカフェ風の部屋を作れ…

  2. インテリアコーディネート

    散らかりがちな子どものおもちゃをすっきり整理・収納するアイデア

    子どもたちの遊び道具である数々のおもちゃは、その収納や整理にお…

  3. インテリアコーディネート

    飲食店のキッチン・厨房の整理収納棚に活躍!スチールラックの魅力

    比較的安価で取り扱いやすく、丈夫であることから用途の幅が広いス…

  4. インテリアコーディネート

    一人暮らしにおすすめ!家具をまるごとスチールラックにするメリット

    一人暮らしを始める際の家具選びは、デザインやサイズはもちろん、…

  5. インテリアコーディネート

    気分はアパレルショップ♪おしゃれな洋服収納&ディスプレイアイデア

    シーズンを重ねるごとに増えていく洋服。なかなか捨てられず、収納…

  6. インテリアコーディネート

    コレクター向け♪趣味部屋のコレクション整理収納術

    完成度の高い模型やフィギュアが大量に出回っている昨今、自宅に趣…

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. スチールラック活用

    狭い!靴箱がない!一人暮らし向け・玄関収納のアイデア
  2. 整理収納術

    衣替えっていつするの?おすすめ時期と上手な収納のコツ
  3. 業務利用でのラック活用

    美容室などの店舗什器、陳列棚にスチールラックがおすすめの理由
  4. スチールラック活用

    ごちゃごちゃしがちなパソコン&周辺機器をすっきり整理収納する方法
  5. インテリアコーディネート

    家具をイメチェン!スチールラックをナチュラルテイストにリメイクする方法
PAGE TOP