menu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大掃除

おうちの中はデッドスペースだらけ!? ~衣類収納編~ 大掃除は実はカンタン!デッドスペースを活用した衣類収納

こんにちは、ルミナスクラブです。
季節はもう冬本番。街も年末モードに突入していますね。
クリスマス、お正月、楽しい行事も多いこの時期ですが、ちょっと頭を悩ませてしまうこともありませんか?
年末の憂鬱のタネ。それは、『大掃除』です。
そこで今回は、衣類収納を工夫することで大掃除をカンタン&楽ちんにする方法をご紹介します。しっかり準備・計画をして、楽しい年末年始を、きれいなお部屋で迎えましょう!

大掃除のコツって?どこから手を付けるのが正解??

日々、お片づけはしているものの、どうしても散らかってしまうリビングやキッチン回りなど「お家のいろいろなところを片付けないといけない」と思うと、つい腰が重くなってしまいますよね。
どこから手を付ければ良いのか悩む人も多いのではないでしょうか?

ルミナスクラブのおすすめは「衣類から大掃除を始める」ことです。

大掃除に気が進まない原因はさまざまかと思いますが、その理由を突き詰めていくと「片付けたものを収納する場所がないコト」ではないでしょうか?
収納場所を確保するため、大掃除のタイミングで不用品を処分したいと考えている人は多いことでしょう。でも意外と「不用品かそうでないか」を判断するのは難しいですよね。
そんな中で洋服は比較的、要不要の判断がしやすいのです。

たとえば、以下のような服は捨てる候補になります。

  • サイズが合わなくなった服
  • 落ちないシミや汚れがついてしまっている服
  • 袖がスレたり裾がほつれたりしてしまっている服
  • 今のファッションや髪型に合わせにくい服

このような衣類を処分し、さらに収納場所や収納方法を見直すことで、おうちの収納力をアップさせることができます。新たな収納場所ができれば、片付けたものをどんどんしまっていくことができるので大掃除もはかどること間違いなし!

では、具体的にどのような収納を見直していけば良いのかを、ここから解説していきます。

クローゼットの衣類収納のコツは“下”を見ること

クローゼット収納はハンガーポールに洋服を掛けることができるので、洗濯物をたたむ手間も省けて便利ですよね。そんなクローゼットですが、意外な盲点が“クローゼットの下”のスペースです。

ご自宅のクローゼット、こんな風になっていませんか?ハンガーポールに衣類は収納しているものの、その下がぐちゃぐちゃ…。ここのスペースを有効活用すれば、収納力が格段にアップして、これまでしまえていなかった衣類なども片付き、お部屋もすっきりします。

ちなみに、こんな風にプラスチックの収納ケースなどを使っている人もいますが、ピッタリなサイズの収納家具を見つけるのは意外と難しいもの。そのため、ちょっとしたすき間ができてしまうなど、デッドスペースをうまく使えていないことも多いと思います。

また、プラスチックケースなどは、割れる、重たい物が載せられないなど、耐久性の面でも長く使える収納ではない点が気になる方もいるのではないでしょうか。そんな時に役に立つのが、『ルミナスのスチールラック』です。

スチールラックのメリット

  1. デッドスペースにシンデレラフィット
    サイズ展開が豊富なので、クローゼットにピッタリなサイズが見つかりやすい!
  2. サッとしまえて、パッと取り出せる
    オープンタイプなので、収納している衣類が一目瞭然。お気に入りのお洋服がタンスの肥やしに……なんてこともありません
  3. 湿気やカビ対策に最適
    ワイヤー仕様の棚なので、通気性がよく湿気などがこもりません
  4. 収納する衣類が増えても、安心
    ワイヤー仕様の棚なので、通気性がよく湿気などがこもりません
  5. 長く使えて、経済的
    ルミナスのレギュラーシリーズは、棚板の耐荷重がなんと250kg!頑丈で、さらにサビにくいコーティング加工もしているので、長く使えます

スチールラックの意外な活用法

ワイヤー構造なので、S字フックなどを使って「掛ける収納」もできるので、防虫剤などもご使用いただけます。しばらく着用しない季節ものの衣類なども、安心して保管できますね。

そして、もっともおすすめしたいパーツが、足回りの「キャスター」です。足回りパーツをアジャスター(固定脚)から車輪付きのキャスターに変えれば、スチールラックをスイスイ移動させられるようになります。スッと引き出して、収納した衣類などが取り出しやすいだけでなく、お掃除のときにサッと動かして掃除機をかけることもできるんです!
日頃からお掃除しやすい環境を作ることも、年末の大掃除を楽にするコツの1つ。

また、スチールラックは棚板位置を変えられるので、最下段の棚を床から少し上げておけば、ルンバなどのロボット掃除機も通れるので自動でお掃除してもらえます◎
棚下のスペースは、掃除が終わったロボット掃除機の定位置、いわゆる「ルンバ基地」にすればデッドスペースを有効活用できて一石二鳥です!

ウォークインクローゼットをハンガーラックで進化させよう

人が中に入って歩ける「ウォークインクローゼット」は、マンションなどの集合住宅にも設置されることが増えてきています。ただ、衣類を掛けられるハンガーポールのスペースが、スペースの関係で片側の壁にだけ設置されている1列型の場合が多いと思います。

そんなときに感じるのが、「もっと掛けるスペースがあればな」というお悩み。そのためにリフォームをするのはお金がかかるし、DIYでスペースに合った収納を作ることも難しいものですよね。
このような悩ましい課題を、ルミナスのスチールラックなら気軽に解決できます。

一般的に、スチールラックといえば、棚が何枚かついた箱型のラックを想像される方も多いと思いますが、実はハンガーポールが付いた『ハンガーラック(ワードローブラック)』も品揃えが豊富にあるんです。

それがこちらです。こんなハンガーラックをウォークインクローゼットに設置すれば、衣類の収納量を格段に増やすことができます。棚板にサッと引っ掛けるだけでハンガーラックになるパーツもあるので、横幅や高さなどもご自宅のスペースに合わせてオリジナルのハンガーラックを作ることも可能。これまで、たたんでいた衣類もハンガーにパッと掛けるだけ!家事の負担も減らすことができる便利な収納スペースが出来上がります。すでにルミナスのスチールラックをご使用の方も、サイズにあったハンガーポールを後付けすれば完成するので、ぜひご検討してみてください。

▼普通のスチールラックをハンガーラックに変身させる「ハンガーポール」はこちら!

使い方次第では、こんな風に2段式のハンガーラックをつくることもができるので、これまで何もなかった壁面が、あっという間に衣類収納スペースに早変わりします。棚板が3枚付属しているシンプルな形状のスチールラックに、ハンガーポールを2本追加すればこのとおり!上の段にも下の段にも衣類を掛けることができます。
上にはトップス、下にはボトムスを掛けて全身コーディネートが完成するようにしても良いですし、上に大人の衣類、下に子どもの衣類を掛けて家族で一緒に使うのもおすすめです。

たとえば幅60cm、高さ210cmの二段式ハンガーラックを作りたい場合は、下記のようなパーツを組み合わせればOKです。

備え付けの収納エリアは改善できない……そんな風に諦めてしまっていた方も、最適なスチールラックを活用して、ウォークインクローゼットのアレンジを楽しんでみてください。

押し入れもスチールラックで区分けすればもっと便利に

大容量の収納スペースとして、古い住宅にもある「押し入れ」。収納のスペースとしては大容量なのですが、大きな箱型のスペースなので意外とデッドスペースが生まれてしまう難点がありませんか?
ただ、そんな押し入れ収納も、使い方次第ではまだまだ可能性を秘めています。
そのひとつの代表例が、「突っ張り棒」を使った衣類収納だと思います。

最近は、ある程度の重さに耐える突っ張り棒も出ていますが、どうしても壁に直接つっぱっているので、重たい衣類などを掛けるとずれてくる難点が…。さらに、その時に壁紙を傷つけてしまうこともあると思います。
そういうときに、スチールラック使えば壁を傷つけず、安定している頑丈な衣類収納を作ることができます。

また、衣類収納だけでなく、ボックス収納やお布団の収納などにも便利です。押し入れの中の空間を間仕切りすることで、デッドスペースをつくらない収納エリアに変わります。
そして、ここでも活躍するのがキャスターです。押し入れは収納が広い分、奥にしまってしまった物がとりだしにくい…といった特徴があります。そのため、ずっと着なくなってしまった衣類などもあるのではないでしょうか。
そういう時に、キャスター付きのスチールラックなら、さっと取り出せて、何が収納されているかも一目瞭然。お気に入りの衣類が、たくさん片付けられます。

ex)幅90cm

衣類の収納スペースがないなら作ればよい!

ここまでは、お家の中にある収納スペースの活用、デッドスペースの活用という視点でルミナスのスチールラックをご紹介させていただきましたが、そもそも収納スペースがないお部屋や、少ないお家もあると思います。

そういったお住まいの方におススメしたいのが、「カバー付きワードローブ」です。

衣類収納がないため、ハンガーラックなどを購入する方もいると思いますが、洋服がたくさん掛かった状態だと部屋がごちゃごちゃする・・お客さんが来たときに恥ずかしい・・・そんなこともあると思います。

そういったお悩みを解決し、大量の衣類が収納できるのがカバー付きの商品です。片付けやすい機能はそのまま、さっとカバーを閉じればお部屋の中に置いてもスッキリです。
見た目だけでなく、ホコリが洋服につかない、日光による日焼けを防げるなどもメリットも。ご自宅の収納がない方、またすでに収納がいっぱいな方は、追加の収納としてワードローブを取り入れてみてはいかがでしょうか。

便利なパーツでワンランク上の衣類収納を実現

最後に、ルミナスのスチールラックの特徴である「オプションパーツ」のご紹介をします。

ルミナスでは、スチールラックの追加オプションパーツを200種類以上取り揃えております。その中で、『レギュラー』『スリム』の25mmポール直径のスチールラックに使用できる、衣類収納に便利なパーツをピックアップしました。

後付けカンタン、ハンガーフック(LSK-H30)

ワイヤーシェルフ(棚板)に掛けるだけで取り付けられる便利なフックです。よく使う上着などを掛けておいたり、バッグや帽子などファッション小物の収納に使ったりできる、あると役立つアイテムです。

小物収納に便利な、ミニバスケット(LKP-BX933)

こちらも、ワイヤーシェルフ(棚板)に引っ掛けることで、ちょっとした収納スペースを追加できるパーツです。もともとはキッチンなどで使って、調味料などを入れるなどに使うアイテムでしたが、衣類収納周りでも実は活躍します。ハンカチやスカーフなどの小物はもちろん、消臭スプレーやブラシなどの衣類ケア用品の収納にも最適です。

・シンプル イズ ベスト、1連フック(25APF-15)

見た目の通り、非常にシンプルなパーツです。こちらは、ポール(柱)に取り付けられるアイテムなのですが、最大の特徴は、つけたい場所を細かく変えられる点。ルミナスのスチールラックは、ポールに刻まれた2.5cmの溝に合わせて棚位置などを可変できるのですが、その溝に設置するフックなどで、細かい位置調整が可能です。そのため、お子さまが使う場合は低めに、コートなどの長い丈の衣類は高めの位置になど、掛けたい衣類などに合わせた設置が手軽にできるオススメのパーツです。

・掛ける収納の定番、万能ネット(NT4560)

付属のS字フックを利用して、ワイヤーシェルフ(棚板)に引っ掛けられるネットです。シンプルながら、使い方次第では意外な収納力のあるアイテムです。追加でS字フックを用意して、小物を掛けても良し、直接ネクタイを掛けても良し。アイデア次第で幅が広がるパーツです。

今回は、4つのアイテムをピックアップしましたが、そのほかにも豊富なパーツを展開しているので、ぜひ、ご活用ください。

おわりに

今回は、衣類収納をテーマにルミナスのスチールラックをご紹介させていただきました。デッドスペースをうまく活用して、年末の大掃除を楽しく乗り切り、すっきり広くなったお部屋で新年を迎えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 奥行きがある廊下収納、何を入れる?廊下収納の活用アイデア
  2. スチールラックでも実現できる?憧れの北欧インテリアコーディネート
  3. 調剤棚の工夫をして安全性向上を。調剤薬局の収納・整理整頓術
  4. キッチンワゴンはどう使う?おしゃれで便利な使い方・収納方法6選
  5. 洗濯物はたたまない!?スチールラックで叶える時短収納

最近の記事

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. ゴミ箱

    整理収納術

    おすすめのゴミ箱上ラックをご紹介!おしゃれなキッチン収納・カウンターをDIY♪
  2. 整理収納術

    納戸を使いやすく収納しよう!収納棚&ラックの活用アイデア
  3. インテリアコーディネート

    観葉植物で部屋をおしゃれに!インテリアにグリーンを取り入れるコツ
  4. スチールラック活用

    インテリアになじむラック4選~業務用スチールラックをお部屋で使うメリットとは?
  5. 整理収納術

    ストック品の収納場所はどこがいい?日用品・食品のストック管理法
PAGE TOP