menu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

整理収納術

漫画の収納方法どうしてる?収納ケースや本棚・ラックのメリット・デメリット

どんどん増えていく漫画…スマートに収納したいけど、なかなか難しいというお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
漫画は連載していることが多く、冊数が増えていくので、とにかく収納スペースを必要とします。
そこで今回は、漫画収納の方法についてご紹介します。収納ケースや本棚、ラックのメリット・デメリットも解説しますので、漫画収納の際に参考にしてください。

漫画収納のよくあるお悩み

とにかく数が増えがち

連載漫画はどんどん巻数が増えていきます。特に少年誌は発行ペースが早いので、気がついたら棚に入り切らなくなっていることも…。
また、好きな漫画の作者の過去作を買ったり、昔読んだ名作を大人買いしたりもしがちですよね。漫画が好きな方であればあるほど、どんどんと漫画の数が増えていってしまいます。仕事や家事などで忙しいと、ついつい床に積んだまま放置してしまうこともあるのではないでしょうか。

捨てられない

数が増えがちな漫画ですが、捨てられずに増える一方…というケースも多いもの。
棚に入り切らなくなったり模様替えをしたりといったタイミングで漫画を処分しようとして、中身を精査するためにページを開いたものの、結局読破してしまい結局1冊も捨てられなかった…といった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
漫画への愛着が強くてなかなか捨てられないというのも、漫画収納の悩みのひとつです。

電子化に踏み切れない

漫画はストーリーを楽しむだけでなく、絵を見て楽しむものでもあります。それだけに、漫画好きの方は「紙」で読むことにこだわりを持つケースが多いです。電子化を試みたものの、結局紙のコミックも買ってしまった……なんてこともあるのではないでしょうか。

背表紙がカラフルなものが多い

タイトルが書かれている背表紙部分が、カラフルだったり字体(フォント)がさまざまだったりするのも漫画ならでは。見分けがつきやすいので読みたい漫画を探しやすい点は便利ではありますが、見た目がごちゃごちゃするのが気になるという方も多いのではないでしょうか。
書斎をイメージしたインテリアならまだしも、インテリアにこだわったお部屋だと余計に漫画の棚が浮いてしまいます。

大判サイズのコミックや文庫版もある

漫画は、どれもサイズが一緒とは限りません。大判サイズや文庫版もあり、サイズが異なるコミックが混在しがちになってしまうことも。特に困るのが縦の長さの違いではないでしょうか。
しかも大判のサイズはさまざま。同じ作者の作品が、同じ棚に入れられなくて困るなんてこともあるのではないでしょうか。

積ん読はNG!? 本の正しい保管方法

漫画が増えてくると収納が追いつかず、ついつい床や机の上などに平積みして、どんどん積み重ねてしまっていませんか?買った本を読まずに積んだまま放置する……そう、いわゆる「積ん読」です。
漫画に限らず、本は重ねて保管してしまうと下に圧力がかかり、歪んでしまったりページ同士がくっついてしまったりと、本が傷む原因になってしまいます。大事な漫画が変形してしまうのは避けたいところですよね。

また、平積みしていると下の漫画が取ることができず、倒れてしまうことも考えられます。本は、収納棚に入れることで傷まずキレイに保管できるため、未読の作品も平積みのまま放置せず、きちんと収納することをおすすめします。

漫画収納選びのポイント

漫画収納はどのように選べばいいのでしょうか。

収納力

漫画はシリーズ化しているものが多く、数が増えがち。そのため、漫画を収納するものは、収納力がとても大事になります。漫画を収納する家具は、はじめから収納力の高いものを選んでおくと安心です。

読みたい漫画をすぐに探せるか

読みたい漫画をすぐに取り出せるかどうか、探しやすいかどうかもとても大切です。探しやすいとすぐに読めますし、戻すのも簡単なので収納もラクになります。

インテリアとのマッチ

インテリアとマッチするように見せる収納にするか、隠す収納にするか決めます。
見せる収納が多く、デザイン性を重視しているのであれば、漫画も見せる収納に。シンプルでスッキリしているインテリアなら隠す収納がおすすめ。隠すときは、コミックカバーを付けたり、扉やカーテン付きの棚に収納すると良いでしょう。他にも、収納ケースやボックスに入れて、オープンラックにしまうのもおすすめです。

漫画収納家具の種類とメリット・デメリット

コミック収納ケース、収納袋のメリット・デメリット

手に入れやすく、組み立ても不要なので、利用しやすい収納方法です。

【メリット】
ほこりがかぶりにくく、見えない収納に向いています。蓋付きのケースであれば、重ねて収納でき、クローゼットや押入れなどの縦スペースを生かして収納することが可能です。

【デメリット】
クローゼットや押入れなどにしまってしまうと取り出しにくい可能性があります。

段ボール箱のメリット・デメリット

大量の漫画を保管しておくにあたり、段ボール箱で収納する方法もあります。100均でも購入でき、蓋付きなので隠す収納が可能です。押入れなどにも収納しやすいです。

【メリット】
大量に収納でき、安価に入手できます。箱自体が軽いので移動しやすい点もメリット。

【デメリット】
湿気に弱いという点があります。害虫もわきやすく、本の劣化が早まる可能性もあるので長期保管には向きません。

カラーボックスのメリット・デメリット

組み立ても簡単で、手に入れやすいカラーボックス。漫画収納のひとつとして多くの方に使われています。

【メリット】
収納力があり、オープンラックなので取り出しやすいのがメリットです。扉付きのカラーボックスもあるので、隠す収納にすることもできます。

【デメリット】
カラーボックスは、2段か3段のものが多く、あまり収納力は高くありません。そのため、多くの漫画を持っている方には不向きな可能性があります。

木製本棚のメリット・デメリット

木製本棚は、一般的な漫画収納としてよく利用されています。

【メリット】
木製本棚のメリットは、インテリア性が高く、部屋の雰囲気に合わせやすいという点が挙げられます。

【デメリット】
デメリットは、通気性に欠けていることです。部屋の状況によっては、長年使っていると湿気でカビが生えてしまうことも考えられます。

回転式ラックのメリット・デメリット

デザイン性のある回転式ラック。くるくる回るのが特徴です。

【メリット】
収納力が抜群で、大量の漫画を保管できます。また、ラックが回転するため、漫画も探しやすいのがメリットです。

【デメリット】
デメリットは、回転式のラックは高価であることや広いスペースが必要となることが挙げられます。また、本の収納以外の用途には使いにくいこともデメリットです。

スチールラックのメリット・デメリット

キッチン収納やランドリーラックとして使われるスチールラックでも、漫画を収納することができます。

【メリット】
収納力に優れていて、耐荷重も◎!棚の高さを自由に変えることができるので、大判サイズのコミックの収納にも対応できます。仮にコミックラックとして使わなくなっても、他の用途に転用しやすいのもメリットのひとつ。
オープンラックなので通気性も抜群で、漫画も傷みにくいでしょう。同じサイズのものを入手しやすいので、収納に統一感を出せるのもうれしいポイントです。

【デメリット】
オープンラックのため、隠す収納をしたい場合はカーテンを付けるなどの工夫が必要です。また、地震対策も必要です。

スチールラックで漫画収納するときのポイント

スチールラックで漫画収納をする際は、オプションパーツの活用がおすすめ!オプションパーツを上手に使うことで、スチールラックのデメリットを補うことができます。

カーテンを使って目隠し

漫画の背表紙が見えないように収納するなら、カーテンの取り付けがおすすめ。スチールラックにカーテンを付けるなら、スチールラック用のカーテンレールや、カーテンクリップを使うと便利です。

ラックカバーでほこり・日焼け対策

ほこり・日焼け対策にはラックカバーが適しています。隠す収納にもなるので、目隠しとほこり・日焼け対策を同時にしたいならラックカバーがおすすめです。

サポート棚やサポートバーで落下防止

スチールラックはオープンラックです。そのため、横には柵がなく、そのまま漫画を並べるとラックから落下してしまう恐れがあります。
そこで便利なのが、サポート棚やサポートバーです。ラックの左右に付けることができ、取り付けも簡単です。棚から漫画が落ちてきてしまうわずらわしさがなくなります。
また、補強用のワイヤーバーやコの字バーを取り付けることでも、ラックの横や背面からの落下防止ができます。

天井つっぱりで転倒対策

いつ大きな地震が起こるか分からない日本では、地震による転倒対策が必須です。スチールラックは、天井つっぱりポールの設置ができます。天井へつっぱらせることで、転倒対策が可能です。

インテリア性を高めるならウッドシートがおすすめ

スチールラックは、シルバーだけではなくカラーラックもありますが、さらにインテリア性を高めるなら、ウッドシートがおすすめ。温かさがでますし、ラックの隙間が気になるという方には、適したアイテムです。

おわりに

今回は、漫画の収納方法について、それぞれ収納家具のメリット・デメリットをご紹介しました。
コミック収納ケースは便利ですが、大量収納には向きません。回転式のコミックラックは収納力抜群ですが、高価な上、他の用途に転用しにくいというデメリットがあります。スチールラックであれば取り出しやすく、またオプションパーツを使うことでスチールラックのデメリットを補うことできます。

ピックアップ記事

  1. 台所(キッチン)の時短収納!引き出し・ラックの活用アイデア
  2. 本が多くてもOK!ラックを活用した本の収納アイデア
  3. 掃除用具の収納はどうしてる?お風呂やリビングの掃除用具収納アイデア
  4. 玄関インテリアをおしゃれに!ラックを活用したおすすめ収納方法
  5. 冬の洗濯物が乾かない!部屋干しを効率よくする方法は?

関連記事

  1. 整理収納術

    衣替えっていつするの?おすすめ時期と上手な収納のコツ

    暖かい日が続いたり、北風が吹き始めたりするシーズンになると、そ…

  2. スチールラック活用

    服や家電、本など…押入れの空間を有効活用する押入れ整理・収納術

    押入れは収納の要となるスペースであり、この空間を十分に活用でき…

  3. 整理収納術

    対面キッチンの収納のコツは?収納スペースが少ない場合の収納方法とは

    家族の顔を見ながら調理ができると人気の対面キッチンですが、…

  4. 整理収納術

    倉庫整理で作業効率アップ!インテリアショップの商品在庫整理・収納術

    インテリアショップは、お客様の多様なニーズに対応するために、種…

  5. 整理収納術

    写真の整理・収納方法は?湿気を防いでキレイに収納するコツ

    スマホで気軽に写真が撮れるようになった今だ…

最近の記事

  1. 物が多い部屋でもおしゃれに見える!スッキリ収納のコツ
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. スチールラック活用

    服や家電、本など…押入れの空間を有効活用する押入れ整理・収納術
  2. インテリアコーディネート

    塩系インテリアが人気!シンプルでおしゃれな収納にまとめよう
  3. インテリアコーディネート

    メタル製ラックでもできる!部屋のカフェ風インテリアコーディネート術
  4. 業務利用でのラック活用

    業務用ハンガーラックのメリットとは?ホテルでのハンガーラック活用法
  5. 整理収納術

    一人暮らしの新生活に必要なものは?快適な部屋を作る収納のコツ
PAGE TOP